MOTIF モチーフ

MOTIF:動機、理由という意味
また装飾美術において柄を連続して展開する時のワンピッチの小さな模様のこと

MOTIFは、染織の世界観をデザインエッセンスとし、割烹食器の技術を背景に生まれた日常使いがテーマの器たちです。

1673年(延宝元年)より有田応法の地に窯を築き、16代にわたって有田焼の器を生産してきた吉右エ門製陶所。
その長い歴史の中で紡がれた物語と、生産現場で培われてきた技術の担い手として、もっと日々に寄り添う器を作りたい。
そして、自分のものづくりのベースである染織の世界観を器に織り込んでいきたい。
そんな思いから、MOTIFは2012年に誕生しました。

毎日の食卓にそっと華を添える、そんな器を作っていきたいと思っています。

MOTIF : motivation and reason.A motif is a pattern consisting of recurring shapes, often used in decorative art.MOTIF is a Japanese style tableware made for daily use. The idea for this tableware comes from the concept of dyeing and weaving.Kichiemon has been making porcelain in the Oubou area of Arita since 1973, 16generations in total.Our desire is to make useful tableware using the processes and techniques that have been passed down from generation to generation during our long history.We wanted to integrate the idea of dying and weaving into our tableware.MOTIF originated in 2012 with this thought in mind.Our goal is to make tableware that adds comfort and crispness to your daily table.

染 付 SOME-TSUKE DYEING

MOTIFの印判手による染付は、染織の世界観をベースにしています。糸で柄を組み立てるように。判を連ね、柄を展開する布のように。繰り返しの工程で現れる色の濃淡やにじみを大切に、印判と手描きを用いて製作しています。ひとつの小さなピッチの連続によって広がる柄は、使うたびに新たな表情を見せ、きりりとした白磁の中に肌や暮らしに馴染む柔らかさを生み出します。

MOTIF’s handprinted stamps are based on the textile arts.As in a pattern made of thread.Stamps are combined to form a pattern, much like a tapestry.Our repetitive stamping process and hand printing allows the dye to tint and bleednaturally into the porcelain.The recurring and rhythmical design on the white voguish porcelain will feel familiar and soft to the touch every time it is used.

かたち SHAPE

MOTIFのフォルムの土台は割烹・業務用食器です。食卓で気兼ねなく使えるかたちだけを選び抜きました。しっかりとした持ち感や高台裏の彫りなど割烹食器ならではの仕様は、日常の中に意外性をもたらし、楽しみを生み出します。

The shape of our MOTIF line is based on business use Japanese cooking ware.We chose comfortable shapes that you won’t hesitate to use at the table.Firm to the touch, our tableware will add an element of surprise and joy to your daily life.

暮らし LIVING

私達の暮らしは窯工場とそれを包む自然、そして有田焼の歴史と共にあります。この暮らしの中で、少しずつ積み重ねられる日々の気づきが製作のモチーフとなり、やがて「器」というかたちとなって姿を現します。器を生産するということが暮らしであり、ここで生きることがものづくりの源泉です。MOTIFの器を通して、その背景にある生産現場のストーリーや土地の景色を感じていただけるようなものづくりをめざしています。

Our life is a culmination of the kiln, nature, and Arita’s history.In our lives, awareness is accumulated daily and eventually reveals itself in the shape of our tableware.Making tableware is our life’s purpose and living here is our inspiration.Though MOTIF tableware, you will feel the story of our local landscape.

原田 愛矢子 Ayako Harada

  • 1980

    群馬県生まれ

  • 2001

    女子美術短期大学造形科テキスタイルデザイン卒業

  • 2002

    女子美術短期大学専攻科テキスタイルデザイン卒業

  • 2004

    大塚テキスタイルデザイン専門学校卒業

  • 2004-09

    東京 八王子の織物企画製造会社で営業・企画開発・製造を務める
    アパレルメーカーオリジナル生地の開発や舞台衣装の素材制作等
    糸の選定から生地加工まで日本の産地に特化したものづくりに携わる

  • 2010

    結婚を機に 佐賀・有田へ

  • 2011

    佐賀県有田窯業大学校絵付科卒業
    吉右エ門製陶所入社

  • 2012

    MOTIF誕生

  • 2017

    MOTIF arita kichiemon設立

  • 1980

    Born in Gunma Prefecture.

  • 2001

    Graduated from the Department of Textile Design at JOSHIBI College of Art and Design

  • 2002

    Attended a one year postgraduate program at JOSHIBI College of Art Design

  • 2004

    Graduated from Otsuka Textile Design College

  • 2004-09

    Worked in sales, planning development, and manufacturing at a fabric manufacturing company in Tokyo Hachioji which made original fabrics, stage costumes, etc. I was engaged in this specialized manufacturing process from the selection of thread through fabric production.

  • 2010

    Married and moved to Arita, Saga.

  • 2011

    Graduated from the painting department of Arita Ceramics University in Saga prefecture. 
    Joined Kichiemon pottery.

  • 2012

    Birth of MOTIF line.

  • 2017

    Established MOTIF arita kichiemon.